FC2ブログ

Take a look at this

ノーベル文学賞者 カズオ・イシグロ氏とは

ノーベル文学賞者 カズオ・イシグロ氏とは

2017年10月、テレビのニュースでの一報、
「ノーベル文学賞はイギリス人作家カズオ・イシグロ氏が受賞しました」

と聞いたときに、カズオ・イシグロ?ニホン人?でもイギリス人?と
作品の内容よりも本人が気になった方は多いのではないでしょうか。

そして、海外で活躍されてこの受賞を得た彼を身近に感じませんでしたか。

カズオ 

カズオ・イシグロ氏(日本名:石黒一雄氏)は
日本人のご家庭に生まれ5歳まで長崎で育ち
ご両親のお仕事の都合でイギリスへ移住。
成人後にイギリス人となった方です。

イシグロ氏の最も著名な小説は『日の名残り』(1989年)や
『私を離さないで』(2005年)でいずれも映画化されていて
この『私を離さないで』は綾瀬はるか主演で2016年に二人は対談もしているんです。

1995年には大英帝国勲章(OBE)を授与され
2008年にはタイムズ紙上で、
「1945年以降の英文学で最も重要な50人の作家」の一人に選ばれた方です。

処女作・二作目は日本を背景にした内容です。

実は彼の家族はイギリスへ渡ってからも日本へ帰るつもりでいたそうです。
その為、外ではイギリス風の振る舞い方を装うけど、別の国の文化であると
思っていたようです。

家庭では日本語を話し、"日本の男の子"のまま自由に振る舞っていたようです。
イギリス人の友人の家に行った際に、イギリスの家庭は厳格で大人社会の為
うるさくしたり騒いだりできなかったことに驚いたようです。

カズオ2 

日本人のアイデンティティを持ち、イギリス文化も吸収して
ノーベル文学賞を受賞した彼に、私が興味を持ったことが3つあります。

1つ目は、テレビの会見で言っていたことですが、
日本の漫画が大好きだということ。
文学者なのにホントに!とうれしく感じました。
彼は少年時代に日本の漫画を送ってもらって読んでいたそうです。
そして彼は「いつか漫画とコラボレーションしたい」と語っていました。


2つ目は、小説家になる前はミュージシャンになりたかったようです。
作詞も手掛けていて、ミュージシャンも提供していたようです。
そして、2016年にボブ・デュランがノーベル文学賞を受賞した時に振るえた!そうです。
彼の芸術様式は文学様式に相成り、その彼の芸術様式が認められたからとのことでした。


3つ目は、文学はこの世界に生きていく中で感じる私たちの気持ちを交換する手段、
といってたこと。
文学は自分たち自身を見つめ、自分たちを観察することに役立ち、
障壁を超えて人々を理解することを助けるものと聞き、
自分自身を内観し、進む勇気を与えてくれる知恵であり教師の役割を担ってくれるもの
と感じました。

彼の今後の活躍がとても楽しみです
  • Posted by 白石 のり子
  •  0

Comment 0

Post a comment