FC2ブログ

Take a look at this

思考や知識など日本語で理解していることは、第2言語習得の鍵となる

【思考や知識など日本語で理解していることは、第2言語習得の鍵となる】 

子供に英語の学習を急いでいるお母さん、
日本語の地固めが大事です。

かぎ 

第二言語を習得したいなら、日本語で考え方や物事を理解すること
大事にすることをバイリンガル教育の第一人者のカインズが提唱しています。

私達は中学校から英語の教科に触れ学んできたと思います。
勿論、英会話や早期英語教育で学んだ方もいるかと思います。
でも共通するのは、おおかた母語は日本語ということです。

その為、英語は第二言語として習ったはず。
そして、既に考え方や物事の理解は日本語で築いてきたと思います。

だから英語で何かを伝えたい時は、まず日本語でその内容を浮かべたはず。
あとは英語に直して相手に伝える、という行為ですみます。
勿論、私たちの時代は、文法や受験英語だけをやってきたから
話せないという現状があることが課題でした。


では本物のバイリンガルはどうなっているの?と思いますよね。
彼らは、生まれた時から別々の言語話者である両親から
2つの言語をシャワーのように浴びながら成長します。
しかし、努力なくしてバイリンガルにはなれないといわれます。

話しは戻りますが、母語を伸ばすことから見えるこんな研究がありました。

幼少期に日本に来てその後に自国に戻った外国人児童を対象に、
その後インタビューをしたものです。

3人の例で紹介されたのですが、当時外国人児童は
日本語が全くできないまま日本の小学校に入りました。
当然学校の授業もわかりません。
しかし彼らは日に日に日常会話はできるようになりました。

1人目は家庭では教育に熱心な家庭でした。
積極的に母語を教え、自国の書湯学校の卒業資格が取れる
通信教育も行っていました。
日本の授業でわからないことは親が母語でサポートしました。
もう日本語は絶対に忘れない、という思いから
彼は母国の中学校卒業資格を取りたいと思い、
自国に戻り学校に行っているとのこと。


2人目の家庭も同様に日本の授業でわからないことは親が母語でサポートしました。
母語を忘れないでという思いから、絵本の読み聞かせや祖母に手紙を書かせたりと
母語の維持に意識していました。
その後母国に戻り、学校に行きましたが
日本語を維持し高めたいと日本語授業がある学校に進んだとのことです。


3人目は母語に関して具体的な支援を行わない家庭でした。
話せるので問題ないと思っていたようです。
実は日本の学校での授業についていけずにいました。
そして、自国に戻り自国の学校へ行きましたが母語でも理解ができず
心を閉ざしたままとのことでした。


勿論、被験者が少なく環境も違う3人なので
厳密な比較はできないのですが、
1人目と2人目の外国人児童は、
母語で両親がサポートしたことで、
学校でわからないことを理解でき
前に進めました。

これは母語で学んだ知識が日本語に転移した例ですね。

そして母語の習得・維持に関して
両親の教育サポートがあったことで、
バイリンガルに成れた例です。

no-translate-detected_1057-760.jpg 

このことから、母語で知識や概念を理解することは
第二言語としての英語へ転移できるということなのです。

まずは日本語という母語をのばすこと。
その地固めが大事です。
  • Posted by 白石 のり子
  •  0

Comment 0

Post a comment