FC2ブログ

Take a look at this

中国の文化を伝える絵本「Round is a Mooncake」を知っていますか

Round is a Mooncake」は「円形は月餅」

おもしろいタイトルですよね。
この絵本、どんなお話かというと、小さな女の子の身の周りにある丸いもの・正方形・長方形の形のものを中国の生活・文化や習慣の様々なものに例えているお話なんです。

色彩も彩り豊かで、金魚鉢や硯(すずり)、そろばん、コオロギなども出てきて、
中国の伝統文化を楽しく伝えてくれるものです。

タイトルの月餅は文字のごとく月の餅。
ところで、月餅はどんなものか知っていますか

round is mooncake

月餅は、中国での中秋の名月(旧暦8月15日)のための行事菓子で、古代、月餅はお供え物として中秋節に食べられており、今も家族や親しい友人が集まり、月を愛でながらこの菓子を食べる風習があるようです。

現在は中秋節が近づく頃、親しい人やお世話になっている人にこれを贈ることが盛んで、
今では特定の店で使える月餅専用の商品券で贈る場合もあり、スタバでも買えるそうです

最近では金箔を貼ったり、素材に凝った豪華な物が出てきていて贈賄問題となる例もあり、
中国政府は2005年以後、月餅の包装や詰め合わせものの価値が月餅そのもののコストの
20%を超えてはならないという法律を制定した、というほど。

それだけ、中国ではなくてはならないお菓子なんです。

月餅は月に見立てた丸く、平たい形は共通ですが、中国各地で大きさ・材料・中に詰める餡などには違いがあります。

最も有名な物は広東省広州のスタイルの「広式」と呼ばれるもので、柔らかめの餡や皮を用い、塩水に漬けて茹でたアヒルの卵の黄身を入れたものが人気があり、その他に小豆餡・ハスの実の餡・ナツメ餡もあります。
北京などでは水分が少なめの餡を使い、クルミや松の実などのナッツを入れたものが多いようです。

月餅の作り方の工程は以外にシンプル。

◇生地を作る→ 餡を包む→オーブンで焼く→ビニールやセロハンで包む◇

この4工程です。 
材料は以下のものですので、手に入り易いです。ナツメ飴をどう入手するかのみですね。

生地
・薄力粉
・ベーキングパウダー
・卵
・エバミルク(無糖練乳)
・かん水(中華麺などの製造に使うアルカリ塩水溶液)
・砂糖
・水飴
・バター
・スキムミルク

餡の材料 
・なつめ餡

是非作ってみて下さいね。


その他に、中国の文化・習慣で個人的に面白いと思ったものがあります。

それは、フォーチュンクッキー

round is mooncake2 

AKB48の歌「恋するフォーチュンクッキー」で一躍有名になったフォーチュンクッキーですが、どんなクッキーか知っていますか。
アメリカやカナダの中華料理店では食後に必ず出てくるクッキーで、二つ折りか四つ折りにされたヘンテコな形の中におみくじが入っているクッキーなんです。

このフォーチュンクッキーは中華料理店で出されるので、中国が由来と思われていますが、
なんと実は日本が発祥なんです!
  
  もともと日本の北陸地方の新年祝いに神社で配る「辻占煎餅」をヒントに作らたのが始まりの様で、日系移民がアメリカで流行らせたようです。

  その後、第二次世界大戦になり日本人移民は強制収容されると日系の料理店がなくなり、代わりに中華料理店が流行りこのフォーチュンクッキーを広めたということです。

  今ではすっかり中国発祥とアメリカ人には思われているフォーチュンクッキー。
  実は日本由来とは不思議ですね。
  • Posted by 白石 のり子
  •  0

Comment 0

Post a comment