FC2ブログ

Take a look at this

「国際人」になりたいなら日本史を学ぼう

今のご時世、すっかりモノも情報もボーダーレスとなり
他の国の事が瞬時に分かるようになりましたよね。

日本への外国人の来訪者も増加の一途をたどり、国際化に向け一気に進んでいます。

そんな中で、コミュニケーションツールとしての英語以外に、
私達日本人が国際人になる為に必要なこととは何でしょうか。

たとえば高校生の時、日本史か世界史を選択科目で取るならどちらを取りますか。
国際人になる為に世界史を取りますか。それとも受験で覚えやすい方を選びますか。

ここで、物理学者のペトロスキー先生は、

「国際人になるなら日本史を深く知ることが大事」と言っておられます。

国際人3 

外国人とのコミュニケーションの中では、外国人から聞かれるのは日本の事。

日本はこの時代はどんな感じだったの?
日本ではどんな歴史があるの? 等々

外国へ行くと日本に馴染みの無い人達からは特に日本の事を聞かれます。

日本の歴史の事
日本の宗教の事
日本の食文化の事

とにかく日本のことです。

どんなに英語が堪能でも「私日本の歴史を勉強してないでわかりません。。。」
なんてことになると自分の国のことがわからないの??と首を傾げられてしまうかもしれません。

英語が堪能でなくとも、自国の歴史や文化をきちんと伝えることができれば、
その人達からは、知識教養のある人として尊敬されます。

だから日本史を学ぶべきなんですね。

実はこの話とリンクしますが、私は大学受験をする時、歴史の選択科目の決める際に
日本史か世界史どちらにすべきか迷いました。

もともと世界史が好きで世界地図をこよなく愛する私。当然、世界史を取るつもりでした。

ただ心の中で、

「今、日本史を選択しなければ、日本の事をじっくり学べる機会を失うかもしれない」
と感じたんです。

本屋さんで日本史用語集(名前が違うかな)と世界史用語集を見比べた時に、
世界史用語集の方が薄かったのを覚えています。(日本史は覚えること多いなーと思いながら)

本屋さんで1時間以上、両方の用語集を見比べながら悩んでいました。
そして遂に、

「よし、日本史に決めた」と決断したのでした。

そして今でもあの時日本史wp選択して勉強したことが本当に良かったと思っています。

日本史を勉強したことで、日本史を軸にして世界史見れるようになり、
大学生になったあとに高校の世界史の教科書を買い、ゆっくり楽しく学べたんです。

そして、派生して興味を持った世界や日本の宗教学や文化人類学なんかも学ぶのが楽しくなりました。

そんなこともあり、外国人からの質問に比較的楽しみながら答えることができるかもしれません。


ちょっと私事が長くなりました。。

国際人2 


まとめると、国際人になる為には日本史や日本の文化を学ぶこと。

これ、英語を学ぶ以上にとても大事で必要なことなんです。
  • Posted by 白石 のり子
  •  0

Comment 0

Post a comment