FC2ブログ

Take a look at this

英語の絵本の読み聞かせがなぜよいのか、について

【英語の絵本の読み聞かせがなぜよいのか、について】


「絵本の読み聞かせはしてますか」

この問いには、「はい!赤ちゃんの時からしてますよ」

と言う答えが多いです。

では、

「英語の絵本の読み聞かせはしてますか」

この問いには、「英語の絵本では。。。してないです。。。」

という答えがチラホラ出てきます。

ママ 


小学校での英語の必修化決定に伴い、
親の子供への英語熱は以前より高くなっている気がします。

・子供には英語で苦労させたくない
・英語を好きになってほしい
・英語ができる子に育てたい


私も子供が生まれた頃から、
英語教育をどうしたいいかと考えてきました。

高価な英語教材の資料を取り寄せたり、
知能を高める為の教材の資料を取り寄せたり。
でもなかなか踏み切れませんでした。

そしてその間に同時に行ってきたのが、
英語の絵本の読み聞かせでした。

子供が赤ちゃんの時から読み聞かせて、
「英語でわかるのかしら?」
なんて考えず、読み聞かせていました。


お母さんが子供に絵本を読んであげる

この行為は、たくさんのギフトを子供に与える行為です。

親子の触れ合い
安心するお母さんの声
一緒に体験することの共感
同時に感じる高揚感

だから子供はお母さんに絵本を読んでもらいたいのです。


では、英語の絵本の読み聞かせは?

こちらも全く同じはずです。

でも、
・英語話せないから
・ネイティブでないから
・英語のDVD教材やデータ教材なら効率が良い気がするから

と言ういろいろな理由で、お母さんが英語の絵本を選択しない場合があります。


こんな話があります。

ある赤ちゃんに直接お母さんが話しかけた時の反応と
ビデオを通じてお母さんが赤ちゃんに話しかけた時の反応の違いです。

直接お母さんが赤ちゃんに話しかけた時、微笑み安心してニコニコしています。
しかし、同じお母さんがビデオを通じて赤ちゃんに話しかけた時
赤ちゃんは怪訝な顔をし、不安な気持ちを感じ泣いてしまったという、
事が起こった結果がありました。

更に、
ワシントン大学の学習脳科学研究所所長のパトリシア・クールは、
赤ちゃんに音声・ビデオを通じて言葉を流しても
脳の中では何も変化は無かったと伝えています。
言語習得には、本物の人間の存在が必要である、とも言っています。


このことから、

もし英語の絵本もお母さんが読んであげられたら

先程の読み聞かせの効果である

親子の触れ合い
安心するお母さんの声
一緒に体験することの共感
同時に感じる高揚感

プラス、

英語の音やイントネーションを伝える事ができます。

その他に、
お母さんも英語の絵本を通じて
知らなかった日本以外の文化や慣習を知る機会となり、
子供と一緒に新しい価値観や好奇心を発見できるかもしれません。

更に、第二言語習得の臨界期と言われる年齢は
7歳位まで、と言われているようです。

英語の絵本の読み聞かせをお母さんが行うことで
子供の言語習得を身近でサポートできるのです。

私はとても素敵な事だと思います。

ママ英語 

英語の読み聞かせは完璧でなくてもいいのです。

私達を含めて英語話者はネイティブの人だけでないからです。
(実際に私が外資系の会社に勤務中、ネイティブは殆どいませんでした。)


お母さんの読み聞かせは、
子供の言語習得を大きく伸ばす


是非一緒におこなって行きましょうね。

  • Posted by 白石 のり子
  •  0

Comment 0

Post a comment